生い立ち・定期演奏会について
1968年に京都市文化観光局文化課が中心となって発足した アマチュアオーケストラ。
初代団長は故山田忠男氏,常任指揮者は故伊吹新一氏。

1969年10月に第1回定期演奏会を行って以来, 年2回の定期演奏会(または特別演奏会)を実施。

1978年以来常任指揮者を置かず,毎回客演指揮者を迎えて演奏会を行い, 現在に至る。

1995年の第52回定期演奏会から,演奏会会場として京都コンサートホール・大ホールを使用している。

2000年,当団の長年の音楽活動が評価され,第14回京都芸術祭音楽部門 京都芸術祭コミュニティ賞を受賞した。

最近の演奏会では,小田野宏之,井ア正浩,竹本泰蔵,長田雅人,藏野雅彦,松岡究,牧村邦彦,田中良和,阪哲朗の各氏を客演指揮者として迎えている。
定期演奏会の他には, 1996年まで円山公園野外音楽堂において京都市が主催してきた 土曜コンサートに毎年参加してきた。

1989年4月29日に行われた京都会館30周年記念行事の演奏団体に選ばれ, ショスタコービッチ「森の歌」を演奏。

1995年には日本眼科学会百周年記念式典での演奏を依頼された。

2000年には八幡市立八幡東小学校の創立20周年記念演奏会での演奏を依頼された。

2004以降毎年,京都市立学校・幼稚園PTA会長感謝の集いにおける親子コンサートでの演奏をそれぞれ依頼され,それぞれ好評を博している。
当団について > 京都市民管弦楽団について
現在約95名,団員の自主運営の形で活動している。
京都市民管弦楽団では,過去3回にわたり,海外への演奏旅行を行っている。

まず1994年にはオランダ演奏旅行を行い, アムステルダム・コンセルトヘボウ等で演奏。 世界的チェリスト,アンナ・ビルスマ氏と共演した。

1999年春にはウィ−ン・ミュンヘン演奏旅行を行い, ウイ−ン・ムジ−クフェライン大ホ−ル, ミュンヘン・ヘルクレスザ−ルで演奏。 ウィ−ン・フィルハ−モニ−管弦楽団コンサ−トマスタ−, ライナ−・キュッヒル氏と共演した。

また,2004年春には,ハンガリー演奏旅行を行い,ブダペスト・リスト音楽院大ホール,ジョール市・ヤーノシュホールで演奏。ピアニスト,アンドレ・ヘゲデュース氏と共演し,ハンガリーのEU加盟記念演奏として好評を博した。
その他の活動について
団員規模・運営
Copyright(c) 2006- Kyoto Civic Philharmonic All Rights Reserved.
演奏旅行について